SARAI MARI

ART

 

 

 

 

東京、ロンドンで活動したのち、現在はNYを拠点に活動を続けるフォトグラファー、Sarai Mari。自由でポジティブなヴァイブスを持った彼女の感性を生かし、女性的な視点から切り取られたアートで尖った作品は、多くのファンを持ち、国内はもちろん海外でも多数の雑誌、広告に起用され、活躍を続けている。Silver No.1では、モデルにローラを起用したAlexander wangのファッションストーリーを撮影したことでも馴染み深い。

 

そんな彼女が2016年~2018年に撮りためた作品をまとめた写真集が今週末の5月24日、リリースされる。 タイトルは『DELUSION』。直訳すると「妄想」という本作は、彼女がずっと抱えている妄想癖、恐怖心にフォーカスしているという。

 

「自分が何者なのか、世間の期待と、表現したい自分との葛藤、生きることへの恐怖心、これらのことから解放される日は来ないかもしれない。NYで出会った人々が、そんな妄想をかきたてた。これは恐怖や妄想をフィルター越しに見つめ、自分の内面を撮り続けた作品集でもある」

 

本作の完成に寄せて、こんなコメントを出した彼女。ページをめくると、飛び込んでくるのは首から下はヌードでありながら、仮面をかぶった女性をNYの街中で撮影した作品や、アーティなメイクの女性、など自分をさらけ出しているようでさらけ出せてない作品の数々。本作には彼女のそんな”内なる戦い”が表現されている。

 

そしてもう1つ、特筆すべきは本作のアートディレクターをFabien Baronが担当したこと。30年以上のキャリアを持ち、数多くのラグジュアリーブランドから雑誌まで多数の革新的なビジュアルを生み出し、ファッション界において最も影響力を持つ男と呼ばれる男。そんな巨匠とともに紙、判型からレイアウトまで綿密な打ち合わせを重ね、作り出された1冊はまさに世界標準。編集はSilver編集長の千葉琢也が担当した。

 

是非とも手にとって欲しいこちらの作品、24日の発売日には代官山蔦屋で、サイン会が開催される。また、写真集のスペシャルエディションのほか、Tシャツ、トートバッグも販売されるとのことなので、是非足を運んで欲しい。

    

 

 

Sarai Mari『DELUSION』 ¥6480

Sarai Mari『DELUSION』発売記念 更井真理サイン会
参加条件(参加費):代官山 蔦屋書店にてSarai Mari『Delusion』(6,000円/税抜)をご購入の方
お申込み方法:予約不要です。時間内にお越し下さい。

 

ご注意事項:
*サイン会前にご購入される方は、必ずレシートをご持参ください。
*予約不要です。時間内にお越し下さい。
*当日先着順とさせていただきます。
*参加状況により、やむをえず人数制限を行う場合がございます。

 


Sarai Mari
フォトグラファー。奈良生まれ。Santa Monica College で写真を学ぶ。東京、ロンドンで活動した後、2014年 NYへ拠点を移す

[Client]
Interview Magazine, Harper’s Bazaar Internatonal, American Apparel, Jimmy Choo…and more

 

[Exhibitions]
2010 NAKED, Gallery SPEAK FOR, Tokyo
2011 NAKED, Blackall Studios, London
2015 Group Exhibition, NOWNY15 – IN.HAUS, JACK STUDIO, NY
2017 SPEAK EASY , BookMarc Tokyo, Tokyo
2017 SPEAK EASY, HPGRP Gallery, New York
2019 Group Exhibition, 写真とエロスby幻光社, 神保町画廊, Jinbocho Gallery, Tokyo

 

[BOOK]
2009 NAKED, 青幻舎
2016 SPEAK EASY, DAMIANI Srl

 

公式サイト
slits.jp/sarai-mari/

 

 

Related works